脳神経外科 ふくおかクリニック

011-886-2727

※日曜祝日第一・第三土曜日休診

お問い合わせフォーム

どんな病気をみてくれるの?

pageTitle

歩きにくい方、転びやすい方歩行障害

パーキンソン病

歩行障害を呈する代表的疾患です。動作が緩慢になり、立ち上がるのに時間がかかるようになり、歩くスピードが遅くなります。腕の振りも少なくなります。バランスを取ることが難しくなり、転びやすくなります。表情も乏しくなります。ときに、手や指に震えがくることもあります。何かしようとすると震えが強くなるというより、座っているじっとしているときにでも見られて、ピル・ローリング(薬を丸めるような震え)振戦と言われています。残念ながら根治する治療法はまだ見つかっていませんが、種々の薬で症状の進行をある程度抑え、生活の質をよくすることができます。

正常圧水頭症

脳には髄液という水が流れていて、たえず産生され吸収されて循環しています。脳室はその髄液が溜まっているところで、何らかの原因で脳室が大きくなると脳を圧迫することになります。そのために、歩行障害、物忘れ、ときに失禁が起きることもあります。この病気はシャント術といい、腰または脳室に細いチューブを入れ腹腔内に髄液を逃がす(髄液は再吸収されます)という手術により症状はよくなります。MRIのチェックによる早期発見が大事です。

  • ズキズキ、チクチク、ふらふら… どんな病気をみてくれるの?
  • 高血圧・糖尿病・肥満… 40歳を過ぎたら脳卒中予備軍…注意が必要です。 脳ドックのすすめ
  • 院長コラム
  • 問診表ダウンロード
  • 脳神経外科ふくおかクリニック
  • 〒004-0813
    札幌市清田区美しが丘3条6丁目
    9番21号

    011-886-2727

    お問い合わせフォーム

  • 9:00~12:30(水・土8:30~12:00)

    14:00~18:00(水・土を除く)

    日曜祝日第一・第三土曜日休診

  • 公共交通期間

    • 地下鉄福住駅から中央バス[福95]
      美しが丘3条7丁目下車
      (所要時間16分)
    • 地下鉄大谷地駅から中央バス[大88]
      美しが丘4条7丁目下車
      (所要時間20分)